タカタ・ハワヨさんのメモ 1

タカタ氏と林氏

↑タカタ・ハワヨ女史(左)と林忠次郎氏

 タカタ・ハワヨさんのメモと伝えられる資料が手にはいりました。
 タカタさん自身の語るところによれば、病を治療するために日本にやってきてレイキと出会ったのは1935年のことです。赤坂の病院で手術をする予定だったのが、不思議な縁に誘われて信濃町の林忠次郎氏のもとに移り、そのあと4ヶ月ほどで病気は全快します。ちょうどその年のメモが残されていました。

 ヘレン・ヘイバーリイの著書『ハワヨ・タカタ・ストーリー』によると、タカタさんが赤坂の病院に入院したのは1935年の9月です。「腫瘍、胆石、虫垂炎」と診断されます。体力をつけるためにしばらく日をおき、手術は3週間後に行なわれることになります。しかし、お告げを聞いたタカタさんは手術を受けるのをやめて、そのかわりに林忠次郎氏の診療所に通いはじめます。「3週間後」とあるので、9月中ないし10月のことです。
 『ハワヨ・タカタ・ストーリー』によると、セッションを受け始めてからやはり3週間ほどして、タカタさんはレイキを自分にも伝授してほしいと願い出ます。紆余曲折のすえ、なんとか許可されることになります。下の一枚目のメモは1935年の12月の日付になっていますから、レイキを始めてからしばらくして書いたものと思われます。おそらく、伝えられたことをそのまま書き留めたのが、このメモなのでしょう。

 もう一枚のメモには1936年の日付が見られます。
 タカタさんの両親は、このころ一時帰国して山口県に1年間ほど滞在していました。1936年の3月、ハワイのカウアイ島に帰るのをタカタさんが見送っています。そのときのことを書いたのが4月のメモでしょう。また、レイキの伝授を受けたタカタさんは、林氏に同行したり、また単独で出張して手当てをするようになるのですが、その様子が書かれています。
 神秘伝についての言及があります。別の資料によると神秘伝を受けたのは、1938年の2月ということです。レイキをはじめてせいぜい数ヶ月しかたっていませんから、この記述は必ずしも神秘伝を受けたということではなく、最終的にはその段階まで教えてもいいという許可を得たものと解するのが適当でしょう。

 手書きの文字がなかなか読みにくいのですが、判読できた限りを参考までに下に書き出し、翻訳もつけておきました。
 判読が困難な箇所は、いちおう一番それらしい見当を書いておきました。自分でもいまだに納得できないままのところがあります。

 なお、最初「BoronTaku」と読めた部分は、ハワイの人にそんな名前があるのではないかと想像したのですが、BとTが大文字になっているところを素直に見れば、「Baron Taku」でいいのではないかと思いつきました。『日本紳士録』と『華族大鑑』をあたってみたところ、「多久龍三郎」という男爵が実在していたことが分かりました。住所は東京の渋谷区です。
 家族は、夫人・明子の他に、大正14(1925)年生まれの令嬢・美子、昭和2(1927)年生まれの令嬢・喜美子の二人です。メモの中の「the 2 girls」で"the" が気になっていたのですが、他に子供がいない「二人娘」だとすると納得がいきます。こういう偶然の一致はなかなかありそうではないので、「多久男爵」の解釈で間違いなさそうです。
 霊気療法学会は、歴代の会長に海軍少将が3人も名を連ねています。林忠次郎氏も海軍大佐、手のひら療治の江口俊博氏も「一級俸」を賜わる校長先生です。『ハワヨ・タカタ・ストーリー』の中で林氏は、顧客はみな上流階級の豊かな人ばかりだと言っています。顧客に男爵がいても当然なのかもしれません。

Dec. 10 1935
 Meaning of "Leiki". Energy within oneself, when concentrated and applied to patient, will cure all aliments(ailments). It is nature's greatest cure, which requires no drugs. It helps in all respects, human and animal life. In order to concentrate one must purify one's thoughts in words and in thoughts and to meditate to let the "Energy" come out from within. It lies in the bottom of your stomach about 2 in. below the navel. Sit in a comfortable position, close your eyes, concentrate on your thought and relax, close your hands together and wait for the sign. Kindly and gently apply the hands starting from head downward. The patient who is about to receive this treatment must purify one's thought feel comfortable and a desire to get well. One must not forget to feel grateful. Gratitude is a great cure for the mind. In all case, the patient could be diagnosed just by the touch of hand.

次ページハワヨさんのメモ 2


目次に戻ります