「隻手萬病を治する療法 1」

「隻手萬病を治する療法」
 松居松翁
『サンデー毎日』 昭和3年3月4日

読者の注文
 一月三十日発行の大毎本紙書物紹介ページに載せられた、松居松翁氏の隻手萬病を治する療法を照会せられたし、(朝鮮稲岡瀧治郎)。

 読者の御希望というのなら、喜んでお話し致します。
 −−この隻手万病を治する療法なるものは、霊気療法という名の下に、或る特殊の人々によって行われているものである。これを発見したというか、または創見したとでもいうか、ともかく、その療法の開祖−−このグルウプでは肇祖といっている−−は臼井甕男という人で、すでに三年ばかり以前に他界し、今は、その弟子であった人々が治療所を持ち、或いは、その療法の伝授をも行なっている。しかし、隻手よく万病を治するほどな療法でありながら、未だ余り世間に知られていない。何故かといえば、この臼井なる人が特にこれを吹聴することを嫌ったから、その末流を汲む人々もまたなお宣伝することを避けているがためである。
 しかし、わたしは、その宣伝嫌いがどうしても判らない。耶蘇教には今も宣教師があり、仏教にも宣伝使がある。畏くも勅宣、院宣の文字もある様に、「威徳を中外にひろめる」のが宣という字の意味だ。宣伝の原語propagandaも、真理信仰を拡充する場合に用いられたのが初めだ。苟くも、そのことが真理で人類の幸福に寄与するものがあらば、これを宣伝するが、人間としての義務ではないか。だからわたしは、この療法について、他人から尋ねられれば、親切に宣伝をする。雑誌新聞から寄稿を求められれば、わたしは喜んで書く−−だもんだから、わたしに対して相当に反対があるそうだ。或いは、異端者の様に思われているかも知れぬ。しかし、こんな立派な療法が世にありながら、これを一般に知らしめないということは、頗る遺憾千万な話だと思っている。道徳的にも、世間的にも、如何にも惜しいものである。そこでわたしは多くの人々のため、喜び勇んで宣伝をするのであるが、特に、大毎東日ほどな大新聞の読者から、この療法について質問されて、「いや、てまえの療法は宣伝が嫌いですから、何事も申し上げられません」と断わったら、記者諸君なり、読者諸君なりは、それこそ霊気療法を山師の仕事と思うかもしれない。「あらゆる病気を癒すなどと広言を吐いても、さあという時には、責任を負った発表が出来ぬじゃないか」といわれても仕方がない。だからわたしは、霊気療法そのもののためにも宣伝する−−真理を公表する。この意味で喋るのだから、わたしの態度は、本療法関係者の意志に基づくものではない。全然わたし一個の思考から独自の立場にあって、あえてこれを発表するものである。病魔に悩む多くの人々のため、わたしは、どう考えて見ても、この口を緘してはいられない、わたし自身について見ても、この療法を知って以来のわたしの気持は、とても凝乎として芝居なんか書いていられない様な−−実際を告白すれば、まあ、そんな風な気持になっている。わたしが一生懸命にこの療法を宣伝して、自分の理想を実現する時が来れば、日本は実に極楽になるのだ。いや、延いては世界中が無病息災のパラダイスになるのだ、ああ、一人にでも多く宣伝したい。

 所で、この霊気療法は、発見されて以来すでに十数年になるが、治療所は極めて少数である。私が伝授を受けたのは林忠次郎という海軍大佐で、極めてまじめな、人情深い、如何にもこの仕事に生まれついた様な人である。午前中は一般の治療に応じ、月の五日間は療法の伝授を行なっている。しかし、世間には霊の字のついた療法が非常に多い、それで、矢張りまたあの霊気療法かと、十把一からげにされて軽蔑されている。それでも宣伝したくないというのだから、この偉大なる道が行われないのも是非がない。
  この療法は、少なくともわたしが研究した数種の療法の中で、最もユニックな、最も効力の顕著なもので、全く万病を医することが出来る。一知半解の徒は、その名によって直に「神経的な病気に利くか」などときっというが、そんな神経的なものに限られてはいない。内臓の諸症、負傷、やけど、リウマチス、神経衰弱、内科でも、外科でも−−お望み次第だ。

次ページ「隻手萬病を治する療法 2」


目次に戻ります