臼井先生のお墓

戒名が読める
 ↑臼井先生のお墓
 「霊山院秀誉天心居士」俗名 臼井甕男
   大正十五年三月九日歿
 「貞心院温誉浄忍大姉」俗名 妻てい
   昭和二十一年十月十七日歿
  と読めます。
 みなさん、こんにちは。
 レイキに関係する情報を、一つアップします。

 臼井甕男先生のお墓が杉並にあります。所在は、

 東京都杉並区梅里1-4−56 
       西方寺(さいほうじ)内

 お墓の隣に、3メートルくらいの高さの平たい石でできた頌徳碑が立っていますので、それが目印になります。

 交通の手段は、「新宿」と「荻窪」の間を走る地下鉄丸の内線(もちろん「東京」からでもどこからでも都合のよろしい駅からお乗りください)。
 「荻窪」から2つめの「新高円寺」駅下車。駅の南側です。徒歩7、8分というところでしょうか。地図で確認してから行かれることをお勧めします。近所の人達に道を聞いても、たいていの人が知らないと答えます。「西方寺」にはどう行ったらいいのかと聞くよりは、「松苔幼稚園」(同じ敷地内にあります。しょうたいようちえんと読むと思います)への行き方を聞いた方がいいかもしれません。

本堂の写真
↑西方寺 本堂
石碑の写真
↑「霊法肇祖臼井先生功徳之碑」
 顕彰碑の筆者は「文学博士 岡田正之」
 中野町「石綱」製作

目次に戻ります