バーバラ・レイとレイキの起源 1


 『レイキ療法』(昭和62年11月20日 たま出版)の中で、著者のバーバラ・レイは、以下のような主張をしています。

○レイキの起源は、「多分八千年以上も昔の古代チベット」にあった
○それは、後にインド・エジプト・ギリシャ・ローマ、そして中国・日本に伝えられた
○ウスイ博士は、「古代のテキストの中に」「法式として保存されていた、この特別な知識の秘密」を「再発見」した
○「この法式は、一連のシンボルに基づいて」いるものであった
○文献は、「サンスクリット」で書かれたものであった
○ウスイ博士によるこの「再発見」は「おおよそ十九世紀中頃」のことであった

 ずいぶんと荒唐無稽なことを言っているように、ぼくには思えるのですが、いったいこのバーバラ・レイ博士なる人物は何者なのでしょう?
 有限会社ヴォルテックスが出している『レイキ読本』の18ページには、次のようにあります。

フィリス・L・フルモト女史が創始したレイキ・アライアンスと、文化人類学者でもあるバーバラ・W・レイ博士が創始したラディアンス・テクニック協会が……(以下略)

 そうか、文化人類学者か。マーガレット・ミードの同業者か−−と思いきや、著書の中に書いてあるのは、だいぶイメージの違うことです。

 私自身のコースの勉強は古典文学、近東の古代文明、ルネッサンス史、芸術史、現代芸術史と、人間の知的、文化的、科学的発展を近代まで追跡する種々の人文科学のコースを含んでいました。
  『レイキ療法』 P.215

 バーバラ・レイ博士の主張に戻ります。
 まず、臼井甕男先生は1865年の生まれですから、仮にレイキを「再発見」なさったとしても、それは「十九世紀中頃」などではありません。ぼくたちは、遠い異国の人間ではないので、このことを確信をもって言うことが出来ます。上のヴォルテックスも、「古代チベット」は踏襲しながらも、以下のように書いています。

 レイキとは古代チベットを起源とするヒーリング・自己成長のテクニックです。宇宙に存在する生命エネルギーを活用し、心身を活性化し、調和させる方法です。
 19世紀の終わりに臼井甕男(ウスイ・ミカオ)先生が鞍馬山にて21日間に及ぶ断食・瞑想修行により感得したと伝えられています。
  (http://www.happynet.or.jp/vortex/)

 ただし、レイキが鞍馬山での「修行」によって「感得」されたものならば、「古代チベットを起源とする」理由がなくなります。ヴォルテックスの主張は、意味をなしていませんね。何も考えずに、いい加減な情報を羅列しているから、こんな文章になっているのでしょう。「古代チベット」なんて書きながら、それが具体的に(B.C.にしろA.D.にしろ)何年頃のことであるのか、まったく念頭になかっただろうと私は思いますね。
 バーバラ・レイ博士の方は(Ph.Dであるだけあって?)、同じ間違うにしても論理的な整合性があります。ウスイ博士が、古代の文献の中に「法式」を見出したのがレイキだと言っているのですから。
 しかし、そんな文献が存在したという証拠は、ありません。臼井先生自身が、独力で得たものだと言っています。

 西欧でレイキを実践している人の中には、イエス・キリストがレイキ・プラクティショナーであったかどうかを問題にしている人もいます。
 バーバラ・レイの「古代チベット」説と同様の間違いだと私は思います。どうも集合の論理というものが、理解できていないのではないでしょうか。

 「レイキ療法」は「手あて・手かざし療法(面倒なので以下「手あて療法」とします)」の一種です。これは、

レイキは「手あて療法」だが「手あて療法」はレイキではない
 (=レイキではない「手あて療法」も存在する)

ということを意味します。つまり、キリストが「手あて療法」の実践者だったとしても、そのことがそのまま「キリストはレイキ実践者であった」ということにはならないのが、理の当然というものです。

 そういった次第で、仮に「古代チベット」にレイキと類似した「手あて療法」が存在していたとしても、それがレイキの「起源」であるとただちに言うことはできません。そう言えるためには、レイキの側の資料が、レイキがその成立にあたって「古代チベット」の療法を参照にした、ということを裏づけている必要があります。しかしながら、私の知る限りそんな資料はないし、バーバラ・レイもそうした資料の提示など行なっていないのです。

次ページバーバラ・レイとレイキの起源 2


目次に戻ります